線量スケール

急性被曝の線量分類

放射線被曝を扱うとき、強い線量または弱い線量とはどういう意味ですか? 専門家の間でさえ、この質問は多くの議論につながっています。 いくつかの人にとって、すべての暴露は危険です:最小の線量はすでに強すぎます。 他の人にとっては、放射能の影響を過大評価してはいけません。 チェルノブイリ事故の結果としての西ヨーロッパにおける曝露レベルは、すべてそれに対応して”弱い”ものであったが、これは国民の間の認識ではない。
国連原子放射線の影響に関する科学委員会(またはUNSCEAR)は、決定論的効果が発生する閾値、つまりこれらの閾値を超えるすべての個人が感じる効果に UNSCEAR分類は、急性全球曝露に対応する有効用量にのみ適用され、これは、短時間で強烈な照射の間に全身が受けた用量を意味する。 決定論的な効果はまたボディの特定の部分に管理される短い線量と現われることができます: 睾丸(一時的または永久的な無菌性)、卵巣(永久的な無菌性)、目(白内障)または皮膚(紅斑、壊死)など。

線量の分類(急性曝露)
UNSCEAR(原子放射線の影響に関する国連科学委員会)からの有効線量のこの分類は、急性グローバル 結果として生じる効果は、何年も後に最終的な癌または遺伝的変異の可能性が低いような確率的効果に反対することによって、決定論的(照射後の短期
OMIRIS

強烈な短命の曝露と、例えば自然放射能への曝露などの慢性的および長期的な曝露を区別する必要があります。 高レベルの放射線への重度の曝露は生命を脅かす可能性があるため、優先順位を考慮する必要があるのは最初のタイプによって引き起こされる決 これが、UNSCEARの分類が主にこのタイプの暴露を扱う理由です。
200ミリシーベルト未満の有効線量(mSv)は低いか弱いと考えられ、20ミリシーベルト未満は非常に低いか非常に弱いと言われています。 医療現場で吸収された放射線(放射線療法を除く)および前線の自然源で発生する放射線はこのカテゴリに分類されます。 この範囲の線量は、決定論的効果の欠如、すなわち短期の生物学的徴候または放射線後の症状を特徴とする。
このような決定論的効果は、UNSCEARによって中程度、強く、非常に強いと分類される急性有効用量に現れる。 0.5と2sieverts(Sv)間の線量の吸収は露出の後の3そして6時間間の悪心、無力症および嘔吐を含む軽い反作用で起因します。 4と4.5Svの間のどこかに、いわゆるDL50レベルがあり、これは50%の症例で暴露が致命的になるポイントです。 全身がこの大きさの線量にさらされている患者は、急性放射線症候群(ARS)、その重症度は、吸収された線量、曝露時間、関与する放射線の種類および体を通 ARSは、血液学的症状(骨髄損傷)、消化器症状(胃腸管損傷)および中枢神経系における神経学的症状によって特徴付けられる。

強い線量の例
シーベルトは、線量単位として、高いと考えられる暴露のこのサンプルからわかるように、強い暴露を表すよう ここで表される最高線量-20Sv-は、致死量の4倍を受けた後に死亡した東海村の二人の労働者の一人が被ったものです。 広島の生存者は、数ミリシーベルト(mSv)から500mSvまでの様々な線量に曝された。 平均して、チェルノブイリの清算人は約100ミリシーベルトを受け取った。 より多くの暴露された消防士のグループは平均して250mSvを受け、そのうち163は1Svの線量を超えた。
IN2P3

決定論的効果は、がんや遺伝的変異のリスクの増加を特徴とする長期的な確率的(または確率的)効果とは区別されなけ これらの確率的効果は、弱い線量領域および強い線量領域に存在し、(線量の大きさに関係なく)すべての被ばくが確率的効果のリスクを伴うと仮定されている。 オフに設定されている癌の確率は、シーベルトあたり約5%です。 これらの確率は、シーベルトの割合の用量で無視できるようになります。
フランスの規制は、放射線のすべての自然および医療源を除いて、一般市民のための被ばくに1ミリシーベルトの上限を配置します。 この値は、決定論的効果の用量スケールにおいて非常に低い用量よりも大きい用量に対応する。
比較すると、1Sv(1000mSv)用量を”中強度”としてUNSEAR分類することは驚きであるかもしれない。 しかし、この値は、集団における確率的影響(癌、突然変異)のリスクを最小限に抑えるために設定された制限と比較して高用量に対応していますが、実際には、その決定論的症状を伴う急性照射の分野では中程度に見えます。フランス語のページへのアクセス。
次:ミリシーベルト単位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です