CNC Gコード

CNC Gコード

CNCマシンを制御するには、CNC Gコードと呼ばれるコマンドを使用します。 異なるメーカーの工作機械は、特定のGコードのために独自の使用を採用することができますが、すべての工作機械に共通するコアグループがあります。 これらの標準はCNCの旋盤、フライス盤、ルーターでそして最近3Dプリンターによって(非常に基本的な形態で)使用される。 今日は、このグループと、それらが機械を制御するためにどのように使用されているかを調べます。

G00-Rapid travel

G00rapid travel G Code

古いマシンには多くのRAMとすべてのビット数がないため、G0に短縮できます。

このコマンドは、ツールが急速に移動するために部品に触れていないときに使用され、通常、ツールの変更のために家に帰って新しいツールで戻るときに使 何人かの機械工はできるだけ部品の近くで急速に好むが、私はあなた自身に少なくとも1mmの整理を与えることを助言する。 供給のノブのあなたの手を保ち、最初に操業のために遅い入って来て下さい。 このモードでは、ツールを正しくセットアップしなかった場合、ほとんどのダメージを行います。上記の例では、カッター100mmを左に移動しています。

G00はGコードのrapid travelコマンドです。 それは部品を機械で造るのにかかる時間がある場合もある速いようにカッターか用具が材料を取除いていないとき使用されます。 従って最高速度は機械変数によって置かれ、急速な手数料制御を使用してオペレータによってだけ制御可能である。

迅速な移動を使用するときは、あなたのパスにある可能性のあるクランプ、悪徳、および部品に注意してください。 不明な場合は、最初にX軸とY軸を移動し、次に別の行でZ軸を下に移動するのが賢明かもしれません。

古いマシンには多くのRAMとすべてのビット数がないため、G00コマンドをG0に短縮することができます。P>

-Marc

G01-線形補間

g01Gcode

g01コマンドは、直線で切断するときに使用されます。このコマンドは、実行する前に送り速度(F)を有効にする必要があります。たとえば、g02、G03、またはG00の後に追加するだけで、他の動きのGコードがアクティブでない限り、このコマンドをすべての行に追加する必要はありまcommand.In 同じように、送り速度(F50)は、切断速度を変更するまで一度だけ必要です。g00X101Z1.0;
G01X100Z-20F100;
X110Y-40;
G00Z300;

このコマンドは、同時にすべての軸切断、または一つだけで使用することができます。 XとYだけでなく、Z軸で切断するのは一般的ではありませんが、必要に応じて可能です。

プロファイルをプログラミングするときには、カッター補正G41とG42を使用する方が簡単ですその後、あなたのツールパスをプロットするときにカ

G02とG03-循環補間

G02G03Gcode

G02は時計回りの方向に円弧または半径を機械加工するために使用され、G03は反時計回り

‘R’値を使用して半径を定義すると、G02/G03コマンドは、この移動の最後に定義された半径を持つ直線でカッターを移動します。

送り速度がすでにアクティブな場合、アークの加工の送り速度を変更しない限り、このラインに追加する必要はありません。g03Y50.0R10.0F100.0;
G01X50.0;

円弧の中心点は、I、J、Kの値を使用して定義することもできます。

円弧の中心点は、i、J、Kの値を使用して定義するこI(X)J(Y)およびK(Z)は補助軸を定義します。

上記の図面を使用して、iとJの値を使用して円弧をプログラミングすると、次のようになります。

G03Y50.0I10。0J40.0F100.0;
G01X50.0;

Kはほとんど使用されませんが、Z軸を使用する円弧が必要な場合は使用できます。g01とG03(反時計回りの円弧)でG02を使用すると、任意の形状を機械加工することができます。

これらの3つのGコードは、Gコードプログラミングの基礎であり、材料を切断するときに使用する3つです。

G04-Dwell

時には、カッターを一時停止する必要があります,そのために、我々は、指定された時間のためにプログラムを読み続けるからマシンを停

を使用しています。

フラットボトムドリルで掘削し、ボアの表面がおしゃべり仕上げを持っている間、我々はそれがまだ表面をクリーンアップするために半秒間回転して、z軸g01Z-20.0F50;G04X500;G01Z5.0;

上記のいくつかのブロックは、ツールが部品の深い間に500mmを移動するように見えます。

そうではありません。’G04X500’のX値は、次のブロックに移動する前にツールを500ミリ秒強制的に滞留させます。 送り速度は、g01ブロックの滞留前に定義されたことを機械が認識しているため、ドウェルコマンドの後に再度指定する必要はありません。

G20およびG21-測定システム

G20G21Gcode

G20およびG21帝国およびメートル法g20はインチの単位を定義します;G21はメートル法の単位を定義します;CNC機械は帝国およびメートル法(インチおよびmm)の両方で測定を読むことができますこれはG20およびG21によって定義されます。

プログラムでは一度だけ必要ですが、ツールを変更するたびにこの情報を追加することをお勧めします。 これにより、プログラム内の任意の位置から実行する方が安全になります。

たとえば、フィニッシングカッターパスを繰り返して、測定後にさらに多くの材料を除去することができます。 測定単位を再度定義することは偶然間違ったシステムにあり、予想外に動くことから機械を停止します。

G90とG91-絶対または増分

G90=絶対位置決め
G91=増分位置決め

位置決めシステムは、任意の動きが行われる前に定義されなければならない、以下は、両方の位置決めシステムの説明です

G90は絶対位置決めシステムを選択します。 このモードでは、紡錘のすべての動きはデータの位置から取られる。 たとえば、x100.0がコントロールによって読み取られた場合、ツールはデータからプラス方向に100mmに移動します。 X150.0が次の位置移動であった場合、ツールはその方向にさらに50mm移動します。

G91は増分測位システムを選択します。 G91が活動的のとき紡錘のすべての動きは最後の知られていた位置から取られる。 たとえば、X100.0が読み込まれた場合、ツールはツールがすでに入っている位置のプラス方向に100mm移動します。 この移動の後でX150.0が読まれたら、用具はプラスの方向の別の150mmを動かします。H3>

G40、G41およびG42カッター補償

G40=カッター補償をキャンセルします
G41=左カッター補償
G42=右カッター補償

プログラミング時にカッター補正を使用せずに、切削パスを書き込むときにツールの直径を許可する必要があります。 私達はカッターの補償の使用によって部品の次元にプログラムしてもいいです。

これは、カットの方向に応じてカッターを半径でオフセットします。

詳細については、カッター補償に関するこの記事をチェックしてください

この記事では、最も基本的なGコードのみをカバーしていますが、以下

CNC Gコードリスト

Gコードリファレンスリスト

以下は、我々は将来の記事で説明しますそのほとんどが一般的なGコードの完全なリストです

  • g00迅速な旅行での位置決め;
  • g01送り速度を使用した線形補間;
  • g02円形補間時計回り;
  • G03円形補間、反時計回り;
  • G04ドウェル
  • G10作業データ位置を設定します;
  • G17X-Y平面を選択します;
  • G18Z-X平面を選択します;
  • G19Z-Y平面を選択します;
  • G20帝国単位;
  • G21メートル単位;
  • G21メートル単位;
  • G21メートル単位;
  • G21メートル単位;
  • G21メートル単位;
  • G21メートル単位;
  • G21メートル単位;
  • G21メートル単位;
  • G21メートル単位;
  • G21メートル単位;
  • G27基準リターンチェック;
  • g28基準点を介して自動復帰;
  • g29基準点を介して場所に移動;
  • g31スキップ機能;
  • 旋盤上のg32スレッド切断操作;
  • G33ミル上のスレッドカッター補正をキャンセルする;
  • g40;
  • G41カッター補正左;
  • G42カッター補正右;
  • G43ツール長さ補正;
  • G44ツール長さ補正;
  • G50座標系(ミル)と最大RPM(旋盤)を設定;
  • G52ローカル座標系設定;
  • G53機械座標系設定;
  • G54-G59座標系設定;
  • G54-G59座標系設定;
  • G54-G59座標系設定;
  • G54-G59座標系設定;
  • G54-G59座標系設定;
  • G54-G59座標系設定;
  • G54-G59座標系設定;
  • G54-G59座標系設定;
  • g70終わり周期(旋盤);
  • g71荒い回転周期(旋盤);
  • g72荒い表面仕上げ周期(旋盤);
  • g73破片の壊れ目の鋭い周期;
  • G74左手の叩く製造所;
  • g74表面溝;
  • G75OD溝つつくサイクル(旋盤);
  • G76ボーリングサイクル;
  • G76ねじ切削サイクル(旋盤);
  • G80キャンセルサイクル;
  • g81ドリルサイクル;
  • g82ドウェルとドリルサイクル;
  • G83つつく掘削サイクル;
  • G84タッピングサイクル;
  • g82ドリルサイクル;
  • g83つつく掘削サイクル;
  • G84タッピングサイクル;
  • g85穴、穴;
  • G86穴、急速;
  • g87バックボーリングサイクル;
  • g90絶対プログラミング;
  • g91増分プログラミング;
  • G92原点の位置を変更;
  • g92ねじ切削サイクル(旋盤);
  • g94毎分フィード;
  • g95;li>
  • g96一定の表面速度(旋盤);
  • G97一定の表面速度キャンセル;
  • 毎分G98フィード(旋盤);
  • 回転当たりG99フィード(旋盤)
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です