FDAは、Cdadのためのバンコマイシン塩酸塩経口液体療法を承認

FDAの職員は、プレスリリースによると、クロストリジウムディフィシル関連下痢(CDAD)とメチシリン耐性株を含む黄色ブドウ球菌によって引き起こされる腸炎の治療のための経口溶液のためのバンコマイシン塩酸塩(Firvanq、CutisPharma)を承認しました。
バンコマイシン塩酸塩経口溶液は、25mg/mLおよび50mg/mLの強さで150mLおよび300mLのサイズで利用可能になります。 経口液体療法の利用可能性は、患者のアクセスを改善し、液体製剤を混合する必要がある薬剤師の負担を軽減することが期待される。
“cdadで多くの患者を治療する練習感染症の医師として、私の患者に手頃な価格でアクセス可能なFDA承認のバンコマイシン経口液体製剤を持つことは非常に有益である”とLoyola University Medical CenterのSTUART Johnson、MDはプレスリリースで述べている。
CutisPharmaは、firvanqがApril2、2018に発売される予定です。 この製品は、CutisPharmaの最初のバンコマイシン使用単位配合キットに代わるものです。
リファレンス
CutisPharmaは、クロストリジウム-ディフィシル関連下痢(CDAD)および黄色ブドウ球菌大腸炎の治療のためのFirvanqのFDA承認を発表しました。 http://cutispharma.com/cutispharma-announces-fda-approval-firvanq/。 2018年1月29日発売。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です